手づくりの中にこめられた
味と真心をご賞味下さい。

名物「厄除だんご」は、江戸時代より例年正月に行なわれた徳川将

軍家への護符祈祷と献上品を習わしとしてきましたが、浜納豆ばか

りでは、と思案した寺士の八左衛門が地場の小豆としん粉で拵えた

だんごを土産にしたのが始まりです。以来、参道の名物となって久

しく、今も昔ながらの材料で作るほのかな香りが深蒸しの地場茶に

よくあい、多くの方に親しまれております。
-------------------